3/8(月) 金沢

4:00

アパートを出発。いつもの通り沿いのセブンに寄り、締め切りが迫っているエントリーシートをPDF化してカフェオレを買う。小雨がパラついている程度で、傘を差すほどでもないので、顔にひんやりと早朝の冷気を感じながら井の頭公園へと神田川沿いを歩く。まだ辺りは真夜中とさして変わりない暗さで、しかし21にもなると周囲を眺めるだけの余裕も出てくるものだと自分に感心している矢先、右手の竹林がカサコソと鳴ったのにびびり、調子の良さに苦笑いするような気持ちでいるのは、向こうに段々と脚を強めてきた小雨がかかってぼやけている井の頭公園駅の街灯が届いてきた辺りで、そういえばここはこの間鷺がいたところだと思い出し、水のほとんど干上がっている左手の神田川に目を遣ると、こんなこともあるものか、アオサギがつい5日前のあのままの格好で佇み低く声を住宅街に響かせていて、なんとも幸先の良い旅出である。

f:id:akijute:20210412005022j:plain

 

4:42

吉祥寺駅4番線、中央線快速東京行に乗車。始発だというのに車内にはそれなりに乗客がいる。東京駅まで座るほどの距離でもないので、乗降口とならない方のドアに寄りかかってこれを書いている。この旅に持ってきた本は3冊。友部正人『歌をさがして』は、友部とユミさんが1時間に一本の各駅停車しか止まらないような海沿いの駅で下車し海岸線を歩き云々というエピソードが収録されていたような記憶があって、出発ギリギリで本棚から抜き取ってきた。

内田百閒『第一阿呆列車』の冒頭、<用事がなければどこへも行ってはいけないと云うわけはない。なんにも用事がないけれど、汽車に乗って大阪へ行って来ようと思う。>の一節こそがおれをこの旅に押し出したと言っても過言ではない。とはいえこちらはまだ行き先は決まっておらず、というのも、漠然と目星をつけていた岡山にしろ金沢にしろ、終点を乗り継いで一旦米原までは出なくてはならないからで、まだまだ時間もあるので、そこは追々決めていく。

岡山だったのは、瀬戸内の穏やかな海を見てみたくなったからだった。一方で金沢が候補にあったのは、バッグに入っている3冊目、古井由吉『雪の下の蟹』の影響が濃い。古井がエッセイの中で言っていた”高度成長の喧騒から外れた悠長なテンポ”というやつに触れてみたくなったのだ。

 

6:51

次は根府川。首が痛くなってきて顔をあげたら、手前の道路が浮いていて驚いたのは、曇り空と灰色の海の色の近さに、境界となる水平線が消失していたからだった。

ハライチのターンを聞いているが、トンネルに入るたび電波が届かなくなるので本を読む。

 

7:28

三島で降車し乗り換えるが、先程から車内のロングシートに腰掛ける顔ぶれがほとんど変わっていない。旅行に来ているのに、熱海から程遠くないのに、学生服やスーツばかりの東京と何も変わらない通勤ラッシュ!

 

8:36

あれほど窮屈だった東海道本線も、東静岡、静岡と終点に近づくにつれ降りてゆく乗客の姿が目立ち始め、さっきまでの混雑がウソのような浜松行き。静岡駅はやはりターミナル駅なのだろうか。

 

10:12

もうどのくらいになるのか。しばらくスマホを握りしめたまま眠っていたからわからないが、少し前に浜松に到着し、新快速大垣行に乗り込む。やっとボックスシートで、こんな効率を度外視した無駄だらけの形状はとうとう東京を離れたのだという実感をもたらしてくれるが、こんなところにまで「現在コロナウイルスの感染・拡大防止のため〜」というアナウンスがしっかりと波及している。と、そんなことを書いているうちに豊橋に到着。

 

12:32

関ヶ原は一年前のような霊気じみたものは全く感じ取れず、小雨続きでどんよりしていた空も晴れ渡り、車窓に射す陽が眩しい。大垣でパンを買い、米原へ向かう。景色は田んぼ一辺倒で大しておもしろくないが、山あいにひっそりと切り拓かれた田の隙を、用水路が陽をキラキラ反射しながら流れていく様子が心地いい。

 

13:19

虎姫、河毛。車窓から外を眺めていると、一瞬遠くの木が空中に浮いて見えるような、あの海がひらけた感覚. と陽のきらめきがほんの数秒目に飛び込んでくる。一面緑のその奥を道路が通り、晴れも相まって車の往来がよく確認できる。そのもうひとつ向こうには海にしか見えない琵琶湖があり、その光景は海岸線に似ていた。

 

13:48

近江塩津にて待ち合わせのため小休憩。ベンチには座布団が敷いてあり、駅員室では私服のおばさんがこちらに一瞥すら向けず編み物に集中している。声をかけるのも違う雰囲気だったので、切符を見せることもせず外の喫煙スペースで一服。何やら駅の工事をしている。
同じく敦賀行きであろう旅行者たちが集まる待合室に入ると、自転車が置いてあったり、マンガも並べてある。

f:id:akijute:20210412004839j:plain

 

15:18

敦賀から今し方通過した鯖江まで、一定に均等に同質のさびれ具合で、なんだか怖い。ファミマで缶ビールを買う。もんじゅ敦賀発電所のイメージからか。敦賀駅前は怖かった。構内や待合室には人も多く暖房も効いているのに、一歩外に出るとだだっ広い幅の道路を車が無機質に走っていた。
もうしばらく、電車の中には数時間来の顔馴染みも混じる観光客の姿しか見えず、地元民らしき乗客が見当たらないのも落ち着かない。明らかに背景から浮いているフォルムの建物が車窓から見えて、武生特殊鋼材ドリームサッカー場というらしい。

f:id:akijute:20210412005208j:plain

15:47

待ち合わせのため福井駅で下車。駅前のハピリンという商業施設には2店舗ほど(がぶりチキン)が入っている小さなフードコートやアンテナショップが並び、こういうところで高校生や中学生がたまっている光景を久しぶりに見た。
最上階の、福井駅周辺が見渡せる、天井から床までの大きなガラス窓にもたれかかる形で地べたに座っている女子高生がいてうれしかった。地元でよく目にしていた光景。誰も知らないご当地CMポップスみたいな曲が控えめな音量でかかっていたのも センター街とは全く違う。

さっきまでなぜか心配していたけど、ある程度栄えているみたいでよかった。

ハピリンの前にかかっている大きな電光掲示板に”首都圏 正念場の二週間始まる”とあって、自分が今福井にいるのだと思った。

f:id:akijute:20210412005316j:plain

 

2021/03/01〜03/07

3/1月

3月になってしまった 何もかも嘘みたいだ

初めての8時間勤務だったが午後はずっと外回りだったためあまり疲れていない

三鷹台駅について、今日の夕飯のことやらさっきまで電車で読んでいた小説のことを考える端目に、人波に逆行して苦戦しながらホームに降りていく人を捉えた途端、今自分が揃えている足並みはどういった類のものなのか理解が襲ってきて恐ろしくなった。 おれはまだ21だというのに

youtu.be

 

3/2火

書き忘れ。

 

3/3水

昼過ぎに起床し、歩いて三鷹市役所へ。転入の手続きを終えて庁舎を出ると、今しがた入籍したのであろうカップルが婚姻届を2人で抱え自撮りをしていた

「喫茶あじさい」へ。喫煙可。鳩時計、水槽、シタールあり。控えめな照明に、動物を模った雑貨がたくさん。入店するとマスターがなにやら小さな花の蕾のついた枝を数本剪定して机に並べていて、客との会話から今日はそういえば桃の節句であり、並べていた枝は馴染みに配る桃の木だったらしい。退店時の「ゆっくり喫えましたか」の粋な一言に再訪を思う。

 

3/4木

ギヨームブラック『宝島』のチケットが取れなかったため吉祥寺で『あの子は貴族』を鑑賞。自転車で向かう途中神田川を見下ろして小さくギャラリーができていたので見てみるとアオサギがいた。f:id:akijute:20210412013510j:image

アップリンク吉祥寺はジメジメしていてスクリーンの形が変

チケット買ったのに確認される場所がなくて誰でも入れる。

門脇麦の衣装が全部かわいくて似合ってる

男の時代錯誤な発言・目線に対して女は一人で俯いたりその場を去る以外ないのかと言われれば決してそんなことはない、と立ち上がっている訳なのだから、然るべく怒らせてあげないといつまでもたっても上を向けないピントに閉じ込めないで

タッパーやジャージがお屋敷にないにしても、庶民的な部分を表すのに足バタバタさせたりジャムを掬った指を舐めさせたりというのはいかがなものかと思ったし居酒屋の掛け合い……

高良健吾に見惚れる門脇麦のアップのあといきなり外出て仲が深まってるシークエンスが昔のハリウッド映画ぽくてよかった

ハイライトとなることを想定していたのだろうニケツのシーンは『ジオラマボーイ〜』の方が圧倒的に美しかった

 

想定していたのだろうっていやな言い方だな

 

3/5金

バイトに行って帰ってきて寝る。

 

 3/6土

余裕がない

帰りに八百屋によってアワビタケを買ったらレジのおっちゃんが「これうめえんだよなあ」と言ってくれて助かった あのまま1日が終わらなくてよかった

 

3/7日

この前ネットで注文した破損品を業者が引き取りに来るというので急いで渋谷から帰って家で待機するも結局来ず。

 

 

2021/02/22〜02/28

2/22月

ひたすら無心で歩く。今日は神南と円山町。明日は久しぶりの休みなのでシネマヴェーラでロラン・ブイコフ『がんばれかめさん』(1971)を鑑賞。眉間の皺がベルモンドみたいな男の子とそんなことを喋るわけがないセリフを発しまくる小学一年生たち やはり笑わせようという作り手の気概に場内が応える瞬間というのはささやかな幸福感がある

加賀田さんと立ち話をして帰宅しビールを飲む。休日前日

 

2/23火

清水・森島さんと公園でフリスビーをしてラリー10回成功に喜んだのち、おやつ休憩を挟み、バスで三鷹に向かって「アサヒトレンド21」に浸かる。緊急事態宣言下の人数制限により自分だけサウナに入れなかったので2人より早く上がり、ロビーで缶ビールを開けながらニュースを見ていたら高校の隣の山が火事になっていた。避難勧告も出ているらしい。「中華そば みたか」はラーメン屋では稀な、元気タイプではなく気遣いタイプの愛想の良さが気持ちいい。麺にこだわってそう。

清水は泊まり、明け方までYouTubeを漁って「ゾッとする話」でビビり倒し就寝。高校生のように充実した休日。

 

2/24水

正午に起床。ヒルナンデスを眺め清水が帰る。夕方からロックで、コロナ前のような忙しさだった。本棚が届いたが、側板が凹んでいたのと寸法をミスったようなので返品申請をする。ここに引っ越してきてからというものこういうことが多い。

 

2/25木

ロックで包丁を研いでもらう。2日連続で忙しかったが賄いがマグロの漬け丼だった。

 

2/26金

バイトに寝坊しかける。電車で『雪の下の蟹』を読み進める。

 

2/27土

バイト前にユーロスペースでギィ・ジル『海辺の恋』(1963)。街を歩くということはロマンのある行為だという共通認識 のある世界

昨日人目も憚らず怒鳴りつけた後輩と気さくにダイエットの話をしているバイト先の偉い人を見て正気か?と思った
今日は一番気持ちの良い仕方でコミュニケーションをとっているな、と密かに尊敬していた人が小声でキレていた日でもあった

 

 2/28日

夕飯を前日のスープを再利用したパスタで済ませたり、全く興味のない仕事をスポンジみたいに毎日吸収していって一体おれは何に向かっているのか

森島さんのライブをツイキャスで見る。大きな声で歌っていた

 

f:id:akijute:20210312235043j:image

2021/02/15〜02/21

2/15月

こういう時に限って大雨になりがちで、昼過ぎに母親と弟が新居を訪ねてくる。ずぶ濡れになりながら母親が買い込んでくれた大量の食品を運び、お昼にピザを食べこの日に合わせて購入しておいたニトリのデスクを3人で組み立てる。ふと臨く母親の横顔に目立たないものの確実に老いが顕れていて思わず目を逸らす。滞在時間4時間弱という感傷の薄さに驚くが、一度親元を離れてみた学生は皆感じるギャップなのだろうか、しかしあれほどベタベタだった母親がこうもあっさりしていると、それはそれで寂しくもある。

いくら親とはいえ甘えて発言に気を使わないのはもう辞めにしなくてはと反省。ビールではなく発泡酒を飲んでいてくれることにも、愛情だけを見てとらなければ

帰りついでに最寄りのコンビニまで乗せて行ってもらう途中、弟の運転する隣でテンションの上がった母親が虹の写真を撮っていた。

今ならうまくやれるかもしれないが東京をまだ離れたくはない

 

2/16火

ロック。ミスをしたためか極端に会話数が減る。

冷蔵庫に入りきらないほどの差し入れの中でも一番楽しみにしていたとちおとめに満を持して手を付ける。忘れていたフルーツの喉の潤い方だ

 

2/17水

井の頭線渋谷行きの中でクッパ(マリオの)について熱く語っていた小太り筆頭の少年たちに昨日に続き遭遇し驚く。

バイト先は開店以来2回目のノーゲスト。賄いの牛玉をアテにビールを二杯いただき帰宅。にしても寒い。つい2,3日前の気候が嘘みたい 防寒のためにフードをかぶったのはスキー場でしかしたことがなかったが布切れ一枚でもあれだけ違うのか

46年から60年代初頭あたりまでのビルボード年間ベストチャートを聞き始めた。アップルミュージックに年ごとのプレイリストを作ってくれている人がいてありがたい。順を追ってというわけではないからあっちこっち気ままに行き来しているが、今のところのお気に入りはプレスリー「It's Now or Never」、Anita Bryant「In My Little Corner of the World」、そして極め付けにロイ・オービソン「Only the Lonely」を擁する1960年。

youtu.be

 

2/18木

写真スタジオで焼き増し。10枚で¥2000と痛い出費だが、頼んだ後にコンビニで安くできたと気づき後悔。

「弁けい」を目指すが、歩き疲れたのと何より喫煙可能のシールに惹かれて西新宿「とんかつ 満ぷく」に入店。夜は居酒屋になるらしくメニューを見るとつまみも充実している。ロースカツ定食¥900。しっかりと脂身のある肉。

k's cinemaで黒沢清『地獄の警備員』(1992年)を鑑賞後、ナルシスにて森島さんとディランを楽しみ、千駄ヶ谷まで歩いて帰る。

https://youtu.be/oZ4iJ7jXBp8

ナルシスで録音されたものらしく、当時繁盛していた、今は風俗案内所になっているという立ち食いそば屋の話を懐かしそうに語ってくれた

 

2/19金

撮影はなく、オフィス勤務のみで退勤。

アレッタを求めて駅前の八百屋に入るが見当たらず、尋ねてみると滅多に入荷しないとのことで、諦めて金時人参とトマト缶を買いミネストローネを作る。

 

2/20土

ひたすら渋谷を練り歩くだけで終わるバイト。

 

2/21日

バイト後、三鷹台「ボエーム」へ。70代であろうお喋りなママと、先客はこちらも同年代らしいご婦人一人。鬼滅の刃BTSの話をしていて、鬼殺隊の柱のことを強者(つわもの)と呼んでいた。

今年度初のES提出。

 

 

 

2021/02/08〜02/14

2/8月

不動産バイト。最近はパノラマ撮影が多く重たい三脚やらiPadやらを持っていかなければいけない現場が多かったが今日は久しぶりにカメラ一台と身軽な装備で野方へ。移動中にラジオから流れてきたクリスタルズ「Da Doo Ron Ron」のパワーに圧倒される。

 

2/9火

ロック。途中で河北さんが来てマスターもオフモードだったのでチューハイを盗み飲む。

 

2/10水

ロック、賄いは塩焼きそば。豚がカリカリでうまい

久々の渋谷TSUTAYAトリュフォーとウェスアンダーソンを借り、帰って『アンソニーのハッピー・モーテル』を鑑賞。

 

2/11木

昨日寝落ちしてしまった映画の続きを見て、昼食にナポリタン。メルカリで買ったパソコンの払込と買い物のため外出。強風

ZoomにてOB訪問 こんなことしてる場合ではないはず

レス・ポールが50年に出したアルバム『The New Sound』で、宅録8bitゲーム音楽みたいなことやってる

 

youtu.be

 

 2/12金

不動産バイト。所長が居眠りこいてた

Paul Petersen『Lollipops&Roses』

昨日買ってきたタラと余り物の白菜でバター蒸し

 

2/13土

不動産バイト。昼過ぎに家を出て渋谷まで電車に乗りたった四時間で帰ってくる生活…

夕飯はオムライス。

トリュフォーの思春期』(1976)

いつも両手をポケットに入れて猫背で歩くブーツカットの転校生

ビスコのCMみたいな数分間

女の子が抱えるガン撲滅運動の募金箱に当たり前みたいに溜まっていく小銭 

映画よりもドキドキすることが隣で起こっている時間

それら全部にときめく が遠い場所を見ているだけだこれじゃ 慣れてはいけない

不器用な方法だとしても、背中を叩くように現実に揺り戻してくるトリュフォーは偉いと思う 

 

2/14日

不動産バイトで川口市へ。渋谷から湘南新宿ラインで赤羽、京浜東北線に乗り換えて2,3分。

駅を出ると目の前に開ける景色は、宇都宮のそれを思わせる人為の具合、賑わい方で、特に日曜昼過ぎにうってつけな駅前マックの混み具合が心地いい。地下道を通って荒川、浮間ゴルフ場の方へ、トリュフォーを思いながらひたすら歩く 

親子カメハメ波
歩きタバコしながらミニチュアダックス散歩してるおっさん

 

三鷹台駅前の八百屋で以前から気になっていたアレッタという野菜を購入。ブロッコリーとケール(青汁の素)を掛け合わせた、葉から茎まで全部食べられる無駄のなさが売りの新種野菜。調べたらつい10年前に品種登録されたばかりらしい。まずはシンプルに塩茹でし、水気を切って出汁醤油と天かすを振りおひたしにしてみたが、これがうまい。

同時購入したキタアカリと芽キャベツ、ベーコンで作ったグラタンでもって夕食に。

 

 

 

 

2021/02/01〜02/07

2/1月

母親が来る予定だったが土日仕事が忙しく疲れていると言われ中止に。些細な物音で壁ドンされるのでびくびくしている

 

2/2火

いよいよ隣人との関係が悪化してきて管理会社と電話。もやもやしたままロックへ 全く客が来ず四時間ずっと雑談をして終わる。

 

2/3水

元の家に戻りたいと大家に相談してみるがやはり仲介を通さないといけないらしく断念。「向こうの利益を減らすとうちがいじめられちゃうんですよ…」とずん飯尾似の顔が電話越しに見える そりゃそうだ

ロックでバイト。ギターを弾けなくなり死んだように生活している 今日の賄いはオムライス

薄さんからラインがくる。

 

2/4木

タバコ屋も兼ねている東久留米の喫茶店「茶留夢」でモーニング。タバコが切れていたがハイライトが置いてなかったのでメビウスを購入。

ハムチーズトーストとブレンドにサラダ、オニオンスープで¥580

常連のおっさんが休日を東横ホテルの安いテレワークパックで景色でも眺めながら昼寝することに決める瞬間に立ち会う

f:id:akijute:20210204122218j:image

駅前のタリーズで初のチャージスポット利用を試みるが、勘違いしてドトールに入ってしまったことに優しいお姉さん店員に指摘されて気付き赤面。

ひばりヶ丘二郎まで散歩 鴨の行進や春鳥の水浴びなど

f:id:akijute:20210204122427j:image

 

2/5金

不動産バイトのあと小松さんとロックへ。ホタテ貝柱バター焼、色々キノコ焼、明太もちチーズもんじゃなど。

壁ドンされなかった貴重な日

 

2/6土

三鷹台「キッチン放蕩」で昼食。ペットショップの窓越しにキャッキャ言いながら仔犬を見たあと、三鷹の森ジブリ美術館が完全予約制で入れなかったため犬カフェへ 皆、業務的でエサにしか興味がない。出入口の天井を見たら犬ツムツムの映像が流れてて笑う

f:id:akijute:20210206232034p:image

森島さん、薄さん、クラシゲと久しぶりの備中屋。相当サービスしてもらう。

薄さんとケバブを食べ解散。

 

2/7日

不動産バイト 今日はなんだか締まりがなかった

初めて渋谷の美容院に行く。今まで行っていた美容室では話しかけられないのが常だったので美容師との会話が新鮮

下北沢ノアルイズレコードへ。Tommy Maraという無名歌手のシングル盤をサービスしてもらい¥1000で購入。

 

 

 

2021/01/23〜01/31

1/23土

久しぶりに雨だ 不動産バイトは人が少なくてのんびりした雰囲気だった。あの人たち談笑なんてするんだ

井の頭線で帰宅中、上から水滴が降ってきて誰も気付いてないようだったけど雨漏りしてた

風が強くて寒いがその分湯船が気持ちいい

 

1/24日

いまだテレビのアンテナ線がないのでTVerで有吉の壁を見ながら夕飯 ナポリタンとコーンスープ 有吉の壁と蛙亭オールナイトニッポンiに心を動かされる日々

ジョセフ・ロージー『できごと』(1967)、ウェス・アンダーソンファンタスティック Mr.Fox』(2009)を鑑賞。いつでもウェス・アンダーソンはおれの欠けた部分を的確に余るくらい充分に満たしてくれる

youtu.be

 

1/25月

たぶん初めて赤羽で降りた。途中で見かけた「デア」という喫茶店が気になる。

渋谷でバイト後、仙川二郎へ。ピコピコポンの癖でミスってヤサイを増してしまい後悔。生麺を100円で購入。明日鍋の具材がおばあちゃんから送られてくるのでその〆にでもしようか

三鷹台までのバスを待つ間少し時間があったのでふらっとまちおかへ。お菓子ってそういえばこんなにワクワクするものだった

スーツ着たおっさんたちが駄菓子の列の前をうろちょろして真剣に悩んでるのかわいかった

f:id:akijute:20210126012800j:image

バスの一番後ろの席でちょこちょこお菓子食べながら帰って、ちょっとした遠足みたいで楽しかった。少し元気になる

youtu.be

 

1/26火

アマプラで進撃の巨人と少し前にやっていたドラマ「カルテット」を見始める。

高橋一生と内気な役柄の松田龍平 いい並び

 

1/27水

何もしなさすぎるので夕方から買い物がてら散歩に出掛けて、久我山の喫茶店「LIMELIGHT」に入る。熱帯魚がまばらにいた

f:id:akijute:20210129034216j:image

三鷹の方にまわり、業務スーパーブックオフを巡って帰ってきた 西早稲田に住んでいた時はドンキやハナマサによく行っていたからか、業務スーパーが意外と安くなく感じる。

おばあちゃんから送ってもらった野菜と仙川二郎の生麺でキムチ鍋。

 

1/28木

業者の人がWi-Fiを設置しに来て、最後のゼミ。外を見たら雪が降っていて、隣の畑が真っ白になっていた

新規契約の特典でBSやケーブルテレビが見れるようになったけどほとんど見ないと思う

Amazon Primeで『サイドマン:スターを輝かせた男たち』を鑑賞 前から見たかったやつだけどつまらなく惰性で最後まで見る

『カルテット』を見終わる。

台湾群像劇で流れてそうなメロディ。

春夏秋冬それぞれの訪れを文字でしか認識できなくなっていて肌に触れる機微みたいなのを忘れてしまっている

 

普通のロックぽいのはイントロだけでVirgin Insanityみたいな神々しさがある

最近Dirty Projectorsばかり聴いているからかひょろひょろながら伸びやかなボーカルにDave longstrethの顔が浮かぶ

 

人目を気にしないパグ

井の頭公園から三鷹台までの、少し高くなっている線路沿いの道から見えた月 

月をうまく写真に撮れたことがない

youtu.be

生命力が眩しい 自分にない輝かしさにしか感動できなくなっている最近やばい

松田聖子一千一秒物語」とキメが似てる

 

修学旅行の夢をみた 高円寺だった

なんであんなにも修学旅行は愛おしく映るのか

 

1/29金1/30土1/31日

後で書こうと思っていて放ったままにしてしまったのでなにも思い出せない

隣人と音の問題でバトり始める